Amazonで見つけた史上最もよく分からなかった「LEDビッグライト」

スポンサーリンク

それはある日のこと、バイクのヘッドライトをLED化するためのパーツを探すため、「バイク LEDライト 大型」といったワードで検索していた時のことでした・・・

Amazonのおすすめ欄に「ドラえもん LEDビッグライト 」と出ているではありませんか?

 

 

f:id:saxesato:20180113233428j:plain

↑そのとき脳内で想像していたLEDビッグライト

 

完全にバイク脳になっていたのでドラえもんというあまりにもオートバイからかけ離れたワードと馴染みのあるLEDライトという単語が複合されていることに違和感を覚えたのが事の発端です。

 

 

 

しかし冷静に考えてみると、ドラえもんの秘密道具のビッグライトのおもちゃだということに気づきます

コレはいったいなんなのか?

 

実用的だけれどもただのLEDライト

 

これが例のビッグライトです。

しかもver.2なので、前作がそこそこ売れたから2号機が作られたということでしょうか?

 

この手のおもちゃとしては、どこかにライト以外のギミックが仕込まれているのが定石と言えますが、

(映写機のように照らしたらキャラクターが浮かび上がる 等)

 

f:id:saxesato:20180112101346j:plain

 

なんとホントにLEDライトとしての機能以外は持ち合わせていないのです。

コレ、子ども30秒で飽きない?

 

【LEDを使用したビッグライトが登場!】というデカデカとしたキャッチコピーがあるので、今のさとり世代と呼ばれる子どもたちなら、

 

「うわスゲエLEDじゃん!従来の白熱灯に比べて約87%の消費で効率的に電力を消費できる理想的な照明器具じゃん!(パナソニック電工調べ)

となるのを見越してのキャッチコピーなのでしょうか?

 

 

主な用途は「非常用」だそうですね。

 

他のひみつ道具系おもちゃは割と本格的

 

 

たとえば、くうき砲のおもちゃなんかは割と本格的に空気を発射できます。

コレ普通に面白そうで欲しいですよね。

 

 

これに対し、ビッグライトは光るだけ

 

スモールライトもある

ちなみにスモールライトもありました。

なぜかプレ値がついてamazon価格では¥8,000

 

こちらのスモールライトはというと、やはり光るしか脳がない

しかもクリプトン球(豆電球)だし。電池切れが近づくと光が弱くなってくるやつですね。

 

しかし、レビューを見ていると熱狂的なスモールライトファンがいるよう。

年端も行かない男の子や女の子がAmazonで通販ライフを送っているとは考えにくいので、ドラえもんで成長した大人たちが購入しているのでしょうか。

 

・・・

 

つまりは、LEDビッグライト・スモールライトはドラえもんのワンシーンを自分で体験できるアイテムとしても非常用のライトとしても使える

アナログな姿で現代に残る希有なおもちゃだということでしょう。

今の時代はベイブレードだって回るだけじゃなくてバラバラになるギミックを兼ね備えてるのに

 

僕はというと、記事を書きながら光るしか脳がない男気溢れるオモチャと思ってきてしまったので、なんとなく欲しくなってきました。

 

みなさんも購入してみてください。

 

 

僕のAmazonほしいものリストも置いておきますので、どなたか優しい方は僕にビッグライトの施しをお願いします。

上里の欲しいものリスト