自転車の雨対策に最適な「Amagoo」レインコート。顔も濡れない!

スポンサーリンク

f:id:saxesato:20180110184010p:plain

 

雨の日は自転車に乗りたくないですが、雨だろうと雪だろうと自転車に乗らなければいけない日はあるもの。

日本にいる限りは雨から逃れることはできないので、自転車での雨対策は必須です。

 

僕はクロスバイクが好きなので、1日をかけて遠出したりもしますが、雨が絶対降らないなんて予想は誰にもできません。

今回は僕が試した雨具を紹介したいと思います。

 

①上半身のみのレインコート

 

 

 これはポンチョと呼ばれるタイプのものです。このタイプのものは値段も安くファッション的にも致命的にダサくはないのでよく着られています。

サッと着れてサッと脱げるので取り回しがよく、短距離の移動であればこれは良いアイテムですが、

10分も走るとズボンも靴も顔もすっかり濡れてしまいます。

しばらく僕も使いましたが、足が濡れたまま電車に乗った時の不快感が半端でなかったのでやめました。

 

②下半身用もあるレインコート

 

こちらは上半身用と下半身用が分かれているタイプです。お値段は少し高くなり¥3,000程度。

現在これを愛用していますが、ほぼ100%雨が防げます

もちろん靴は保護できないので靴や靴下は濡れてしまいますが、レインブーツや長靴と合わせると完全防水が可能です。

 

合羽・レインコートではなんだかんだで顔が濡れてしまうことが多く、「そういうもの」と割り切ってしまっている人も多いと思いますが、

このレインコートはフードにバイザーが着いているので顔への雨も防げます。

ここが一番大きいポイントではないでしょうか。

 

f:id:saxesato:20180110185219j:plain

 

なぜかピンスポが当たっているような写真で恐縮ですが、バイザー使用時はこのようになります。

 

Amagooの難点(不便な点)

難点としては若干息苦しくなるということと、視野が狭くなるので振り返る時にすごく振り返る必要ができてしまうということです。

また、収納袋がかなり小さいのも収納時にストレスがたまります。

収納は慣れるまで練習したほうが長く使う上では良いかもしれません。

 

しかし防水能力は非常に高く、最初からこれを選んでおけばよかった・・・と思うほど高コストパフォーマンス・高性能です。

自転車通学やクロスバイクでロングライドをする際のお供にいかがでしょうか。