【後編】オークションで8万円のバイクを買った【バンバン200】

スポンサーリンク

オークションで買ったバイクの判断理由

この記事の続きです。

www.saxesato.com

 

さて、僕が買ったのはバンバン200という単気筒バイク。

これを購入した時の状況などを詳しく書きます。

購入したのはこの出品ページです。(ページの期限が切れるまで公開)

 

1. 出品者の信憑性

まずバイク初心者である自分が気にしたのは、出品者が良識のある人かどうかを大まかで良いので過去の評価や他の出品ページなどを見て調査することでした。

異様に安く売られているバイクを買ったら盗難品でしたというのはよく聞く話。

とにかく調べつくして、安心できそうだなと思えるならば入札に踏み切りましょう。

 

僕の場合は、出品者が隣の県で、なんとなく調べていくと信頼できそうな人だなぁと直感で思ったので入札に踏み切りました。

しかしアホなことに書類の有無を確認していなかった(あると思い込んでいた)ので、後から死ぬほど焦りました・・・

しかしカンは当たってもちろん書類はあり、バイクの購入が初めてだと伝えるとキャブレターを清掃して頂いて機関良好な状態で受け取れたり、配送で来て頂いた時には親切丁寧に説明して頂けました。

バイクの状態うんぬんより、とにかくいい人から買えて良かったということが一番安心できました。

 

 

購入する条件の優先度

1)書類があるかどうか

2)盗難品ではなさそうか

3)乱雑そうな出品者ではないか

4)自走できるか

5)自分の技量で直せそうか

6)出品者の地域があまりにも遠すぎないか(北海道・沖縄など極端に離れすぎていないか)

 

 

この順番でとりあえず見ていけば、泣き寝入りをすることは無いかなと思います。

3)については、「売ったらこっちのもん、3N*や」と考えている出品者から買うと痛い目を見るハメになる可能性があるからです。もしかしたらここが壊れているでは?と思ったり、やんわりとしか書いていないが書類はないのか?と思ったら買う前に絶対に確認しましょう。

*3N・・・入札後は如何なる場合でもノーキャンセル・ノークレーム・ノーリターン(返品不可)ということ。

 

ちなみに、書類は絶対必要です。

逆に書類があることさえ確認できれば、運輸局でナンバーを取る方法は購入後に調べながらでも分かるのであまり深く考えなくても大丈夫です。

書類無しでも後から書類を作成してくれるという業者がいるとかいないとか言われていますが、厄介になるのは目に見えているので手を出すのはやめたほうがいいでしょう。

 

買ったバイク(バンバン200)の状態と判断理由

まず、現車確認を僕はしませんでした。

これはとてもいけないことです。後悔したくないならすべきです。

でも・・・早く欲しかったし・・・

写真見る限りまあそんな状態悪くなさそうだし・・・(写真見てもよく分からなかった)

エンジンかかって走れたって書いてるし・・・

配送手配してくれるって書いてるし・・・

欲しかったバンバン200だし・・・

 

 

はい、かなり安易な考えで即決で買ってしまいました。

もともと乗りたかった車種の中にバンバン200も候補であったので、見つけた時は大喜びでした。

もう買ってなんとかしよう、とりあえず走って止まれてナンバー取得できたらOK!みたいなノリでした。

 

僕自身がカブを修理したこともあり、意外とバイクの修理はDIY感覚でなんとかなるという楽観で踏み切れたのですが、

なんだかんだで即決落札するまで1日~2日は迷いました。

でも・・・早く乗りたいし?

フロントファットに最初っからなってるしカッコイイし最高じゃん?

 

・・・っていうノリでした。マジで。

f:id:saxesato:20171227231852j:plain

ちなみにマフラーは購入当初社外マフラーでした。車体が到着するまで知らなかったので後程ノーマルマフラーにしました。

しかし今はノーマルに飽きて謎の社外マフラーを装着して遊んでます。成り行きでなんでも楽しんでしまう性分で良かったです。

 

現車到着からの不具合・修理箇所など

到着してからは、ここからようやくどこを修理しようかという話になってきます。

確かに自走はでき、しばらくは来たままでも大丈夫といえば大丈夫な状態でしたが、せっかくなのでレストアし始めました。

 

主に不具合がある箇所はこんな感じでした。

・サイドスタンドセンサーの誤動作でセルが回らない。何回かスタンドを上げると治る

・キャブレターからやたらとパンパンと音がする

・リアタイヤの山がもう溝1mmほどしかない

※フロントフォークオイルが漏れだしており、ダストシールが割れている

※ロービームがつかず、ハイビームしかつかない。切れていたヘッドライトの配線を修理して繋げるとショートしてヒューズが飛ぶ

・ウインカーの線の長さがギリギリで、いつ断線してもおかしくない

※フロントホイールのスポークにガタが来てる

・チェーンがさび付いていて限界

・サイドカバーとタンクが自家塗装、しかもサイドカバーの塗装は割れていて状態が悪い

・マフラーがオリジナル感あふれる社外のショート管、近所からの視線が痛い程度には爆音

・ウィンカーが社外品でメッキが剥がれてガサガサ

・フェンダーレス

・リアブレーキロッドがなぜか逆に取り付けられていて歪んでいたので交換、その後ブレーキランプが点きっぱなしになる問題が起きた

 

などなど・・・枚挙に暇がありません。ここ一カ月は修理ばかりしていました。

他にもエンジンオイル交換やブレーキフルード交換などはにりんかんでやって貰いました。

しかし、修理したバイクが元気に走って止まるのはかなり快感です。嬉しくて時無しに走り回りたくなります。

 

オークションでの激安バイクの探し方

乗りたい車種がCBRやニンジャだったりすると、1円スタートのバイクを見つけたとして画面に張り付いていても大して安く買えません。

基本的に人気車種は競っても相場より大幅に安く買えるということは99%ありません。

不動車なら不動車なりの価格、状態の悪い中古車ならそれなりの価格で、あまり安くはなりません。

予算によって妥協点を見つけたい所ですが、ここでは10万円以下で買える250ccまでのMTバイクの探し方を掲載したいと思います。

 

探し方はカンタンです。

auctions.yahoo.co.jp

 

とにかく安い順でソートして、相場や商品ページを見て何が安いか探していくのみです。

上記URLはホンダになっていますが、ホンダは何だかんだで根強い人気の車種が多く、あまり10万を切って自走も不安のない車両は少なめです。

具体的にホンダで安い車種を挙げれば、前後ドラムブレーキのマグナ250VTZ250などは割合安く買える場合が多いです。

 

安く買えるバイクの特徴

これらはいわゆる不人気車種の特徴と言えます。

・遅い(単気筒など)

・前後ドラムブレーキ

・燃費が悪い

・もともとの見た目がちょっとダサい

・趣味の悪いカスタムがされている

古すぎる(1980年代)

・マイナーな旧車

 

やはり、遅いと言われていると欲しくなりませんよね。

いくら速くて馬力があってもダサいと嫌です。

カッコいいバイクでも致命的に燃費が悪いと欲しくなりません。

元がいいバイクなのに純正パーツが致命的になくなっているバイクだと嫌です。

見たことも聞いたこともないマイナーな旧車だと、買っても「拾ってきたん?」とか言われる。

 

上記リストのどこかが抜けているとショップ価格よりも格安で手に入れられることが多いです。

店頭で売っても売れないからでしょうか・・・

 

狙いどころの安バイク

これらは自分でオークションを眺めているとよく見つける、普通にカッコよくて欲しいなぁといつも思う車種です。

 

ホンダ・・・VTZ250スパーダ、マグナ250

スズキ・・・バンバン200、グラストラッカー、[ボルティー]

ヤマハ・・・ビラーゴ250

カワサキ・・・GPX250、[エストレヤカスタム(前後ドラム)]

 

2017年12月現時点では、これらは10万円以下で普通に調子がいい車体が見つかります。

何なら配送料含めて10万円以下に収まるケースも珍しくないと思います。修理はどこかしらで必要になりますが。

それにしても僕の大好きなバンバン200がここまで安く大量に売られているのを見ると何とも言えぬ気持ちになってきます・・・

そっくりさんのTW223,TW200とかFTR223とかは大人気なのに。(TWはもっとタマが多い)

 

ちなみにバンバンはマジで遅いです。

単気筒でかつローギアードすぎるセッティング、ゆっくりゴロゴロ走るバイクだと思えば良いかなと思います。

 

オークションでバイクを買う初心者の皆さんの参考になれば幸いです。

それでは。