クロスバイクにハマる。【ブリジストン マークローザ7H】

スポンサーリンク

f:id:saxesato:20170929230738j:plain

 

つい先月にヤフオクで2万円で入手したブリジストン製クロスバイク、マークローザ 7Hです。

中学から現在まで通学で使い続けたママチャリの代わりに購入しました。

「ママチャリよりは楽に速く走れるかなぁ」と、普段の足として乗るだけのつもりが、ところどころカスタムするようになりすっかりハマってしまいました

クロスバイク、楽しいですよ。

 

 

クロスバイクとは?

およそよく乗られている自転車は、この4つに分けられます。

・マウンテンバイク

・ロードバイク

・クロスバイク

・シティサイクル(ママチャリ)

 マウンテンバイクは舗装されていないオフロードを走りやすくしたもので、舗装された道を走るのは体力が要る。

ロードバイクは舗装された道路をより速く走る為のもので、オフロードには弱い。

そしてクロスバイクはその中間の存在です。

オールラウンダーでカッコよくて快適なママチャリだと思っていいかなと思います。

 

【PR】

台湾から高品質な自転車をお届け!

 

ここが楽しいクロスバイク

まだ50kmも走っていませんが、ママチャリより遥かに快適で速く走ることが出来て見た目もカッコイイので、特に意味もなくサイクリングに行きたくなります

また、ギアが何段も付いており、人馬一体の操作ができて運転が楽しいです。カチャカチャするのが楽しいというか何というか。

 

身体を使う乗り物なので運動になり、汗もかけます。

電車移動や車移動ばかりの人は、乗り始めると楽しくて仕方ないのではないでしょうか。

 

 

こんな人にオススメ&オススメのバイク

・アウトドアが好き

・スポーツが好き

・乗り物が好き

・旅行が好き

・写真を撮るのが好き

 

肝心の値段ですが、中古なら1万円~、新車なら5万円程度からあるようです。

自転車屋などでじっくり見て決めるのが良いかなと思います。

 

 

とりあえずこれを買っとけば間違いないというバイクは、1つ挙げるならばビアンキではないでしょうか。

クロスバイクの中では人気な車種で、価格はAmazonでは6万円から、楽天では5万円前後で購入できるようです。

ネーミングもたたずまいも恰好いいです。

 

ものぐさな方はとりあえずネットで買って、届いてから楽しむのも有りかもしれません。

(こう書くと詳しい人に怒られそうです・・・)

 

 

とてもいいバイクですが、自分の身長に合わせてフレーム・タイヤ径は選んだ方が良いでしょう。

身長が平均的に低い方だったり、ママチャリ感覚の低重心で乗りたいならミニベロという一回り小さいタイプが適しているかもしれません。

 

マークローザ7Hを楽しむ

マークローザは外装6段変速でホリゾンタルフレーム、チェーンケースがワイヤーになっているのが特徴のクロスバイクです。

重量は初期装備で16.6Kgある為、かなり重めです。

ネットでは数々の方が軽量化に挑戦しているようです。。。

 

僕が入手した当初もノーマルではありませんでした。

・リアフェンダー撤去

・フロントキャリア撤去

・ライトをPanasonic製のハブダイナモに

 

他にもあったかもしれませんが、軽量化を試みた痕跡がありました。

マークローザのフロントキャリアは印象的なので個人的にはあってほしかったです・・

 

手を加えた点

カスタムという程ではないかもしれませんが、要所要所で整備しました。

 

・ライトが断線しかかっていたのでMARUZENに交換

・フロントバスケットを無理やり付けた(ホームセンターでステーを2枚購入)

→外した

・行きつけの自転車屋さんでバスケットを下から支えるキャリア?を付けた

・強力チェーンロック収納用のサドルバッグ取付

・サドルカバー取付(全然サイズが合っていない)

・サドルに取り付けるタイプのリアフェンダー取付

 

とまぁ快適仕様にしています。

 

ロングライド願望。ビワイチ(琵琶湖一周)

今日もマークローザを整備していたのですが、バスケットを外してフロント周りをスッキリさせたらカッコよくなり、走りが軽快になって嬉しかったのでふとロングライドしたいなぁなんて思いました。

小学校の頃に入っていたボーイスカウトでは毎年恒例だった「滋賀一周サイクリング」のことを思い出し、今の装備なら1泊2日で楽しく走れるのではないか・・?と思いついてしまいました。

 

今では琵琶湖一周をする途中でチェックポイントに寄っていくと認定証とステッカーが貰えるそうです。これは尚更行きたくなってきました。

宿泊場所はシャワー付きのネカフェなどにして、各種装備を揃えて・・・ということで少し準備をしています。

小学校時代のことながら一応ビワイチをママチャリで2回か3回かしていますが、宿のことを除いて事前に準備すべきことはこれぐらいかなぁと思っています。

 

①好天が続く日にする

②猛暑・極寒の季節は避ける

③タイヤパンク対策をする

④ルートを設定してシミュレーションしておく(反時計回り?)

 

他に準備しておいたら快適なもの・・・

・バイク積載グッズ(フレームバッグ・防水スマホホルダー・ドリンクホルダー・サイコン)

・整備用品(軍手、空気入れ、替えチューブ、タイヤレバー2本、ラチェットレンチ、ハンドル用六角レンチ)

・上着、着替え、常備薬、携帯充電器

 

マークローザにはクイックリリースレバーなんてないので、チューブ交換の際には前後輪とも六角ボルトを外さないといけません。

最低限何ミリのレンチがあれば対応できるのか事前調査しなければ・・・

 

 

ロングライド計画② 滋賀守山から大阪南港まで

これも今日思いついただけですが、僕の家から大学までは片道80kmほどあります。

たまに夜な夜な車で公道へ繰り出して、下道で大学まで行ったりするのですが(片道3時間ちょっと)、

これを自転車で行けば面白いのではないか、と思いつきました。

卒業まであと半年もないので、ぜひやってみようと思います。ビワイチの前座的な感じで。

 

 

ひとまず、このブログで出たAmazonギフト券でスマホホルダーを100円ほどで購入したのですが、到着が10月3日ごろになるようです。

それの到着を見計らって、それまでに準備をしてロングライドに挑戦したいと思います。

今後もクロスバイクについての記事を書いていきますので何卒宜しくお願いします。