バードストラップのB.AIRからショルダーストラップが発売予定。

スポンサーリンク

なんと、B.AIRから3月末にショルダーストラップが発売されるそうです。

名称は「バードストラップ ショルダー」 のようですね。

 

引用元:

saxophoneworld.com

f:id:saxesato:20170317232112j:plain

 

特徴

バードストラップでお馴染みになった鳥形プレート部分が20cmになっているようです。このとても長いプレートはどんな効果があるのでしょうか?

また、長さを調節できる部位が8箇所もあります。

 

そして、革のストラップ部分の先端には伸縮素材が採用されているとのことで、遊びが効きやすくなっているようです。
(ゴム・パーツというのはこれを指しているようです)

 

伸縮するということは最終的には伸び切って寿命を迎えるということですが、これは着脱式のようですね。

この部分がもし外れても背中側のストラップと連動していないなら、外れても楽器は脱落しないかもしれませんね。

 

また、フックはスナップ型ではなくシンプルなフックになっています。

ブレステイキングを彷彿とさせる形ですが、引っかかりの程度はどのようになっているのでしょうか。

 

お値段

定価:13,800円

 

かなりの機能が詰まっているだけあり、良いお値段です。

高性能ストラップ各種類と比べてみました。

 

ブレステイキング ライザ:

希望小売価格:¥18,000(税抜)

 

バードストラップ ショルダー

定価:13,800円(税抜?)

 

バードストラップ(BSN-AS)

定価:\9,200(税抜)

 

BG ハーネスストラップ (S40SH)
参考価格 ¥6,480(税込み?)

 

ネオテック ソフトハーネスストラップ(レギュラー)

希望小売価格 ¥5,200(税抜)

 

 

かなり高級な部類に入りますね。

 

 

個人的な感想

そもそもあまりショルダーやハーネスストラップは首が締まらないので、バードストラップの広いプレートとの相性はどうなんだろう・・?と思ってしまいます。

しかし伸縮性のあるサイドストラップから見るに、脇への負担は少ないのではないかと踏んでいます。

ブレステイキング以上に重量が分散でき、脇への負担が減っているなら凄く興味があります。

 

あと思ったのが、このネオテックのショルダーストラップと形が似ていますね。

 

 

このタイプは仕舞う時にかさばりそうですね・・・

ケルブルのストラップの時ほどは欲しい!とはなりませんでしたが(値段も値段なので)

試着できる機会があれば使ってみたいと思います。